自然派整体院からだ応援団。本気でカラダを変えたい人専門。トリガーポイントとストレッチ指導。藤沢市湘南台駅徒歩2分

重心と支点

重心と支点の実験

重心と支点

地球上には1Gという強力な重力があるので、宙に浮いているもの、水に浮かんでいるもの意外には必ず重心と支点が存在します。

その関係が崩れると重力は2Gにも3Gにも膨れ上がる。
『何もしてないのに何で凝るんですか?』なんて仰る方が良くいますが、何もしなくても常に重力と戦っている(重力を背負っている)事をお忘れなく。

難しいことはありません。
支点と重心を垂直線上に重ねれば良いだけです。まずはその凄さをご覧ください。
(デンジロー先生に感謝)

 

重心と支点の実験

水の入ったペットボトルと、紐、マッチ棒を三本用意。使うのはコレだけで、ペットボトルを吊るせるか、という実験。

重心と支点の実験

はい。吊るせました。テープも糊も、粘着性の物は何も使っていません。

重心と支点の実験

正解はこう。支点の真下に重心が来るようにしただけです。この、三角形という形も、実は大事なファクターです。

重心と支点の実験

真横から見るとこうです。支点の真下に重心があるのがわかると思います。

重心と支点

調子に乗って2リットルに挑戦。支点そのものはマッチ棒たった一本ですが、吊るす事が出来ました。重心と支点の関係が如何に重要か、よくわかりますね。

体に置き換えてみる

赤ちゃんの姿勢

立つ姿勢のお手本は、立ったばかりの赤ちゃんです。まだ筋力が未発達なので、バランス命で立ちます。楽とか疲れるとか、そんな煩悩とも無縁。ただ立ちたいから立つ。そんな赤ちゃんを見習いましょう。

 

曲げモーメント
簡単な力学。
支点を通る垂線からずれたところには、“曲げモーメント”とよばれる回転系の力が加わります。それを踏まえて姿勢を見ていきましょう。

 

猫背

骨盤が後ろへ傾いて背中は猫背。支点からの垂線からずれた要所に、“曲げモーメント”が発生。モーメントに対抗している筋肉に痛みが出ます。この場合は腰から背中にかけての広いエリア。

 

反り腰

近年あまり見かけなくなった通称出っ尻。骨盤では前方への曲げモーメントが発生。背中の下や、骨盤と背骨の境目などピンスポットに痛みが出やすい。

 

腹出し

年齢や性別に関係なく近年急増中の姿勢。通称腹突き出し。使っている筋肉の種類が一番少ないのがコレです。骨盤のあたりに集中して強い曲げモーメントが発生。動員している筋肉の総量も少ないので、長い時間立っていることができません。スタイルも良くて可愛いのにこんな立ち方で、残念極まりない若い人が今街に(テレビの中にも)溢れています。

 

 

曲げモーメント
もう一度、簡単な図をご覧ください。垂線からずれたら簡単に折れる!

 

立つ姿勢

理想的な姿勢は、支点の真上垂直垂線上に要所要所が重なっていること。足から頭までの骨を積み木のように重ねているだけなので、ほとんど筋力を使わなくて済みます。本来一番楽なはず。何故楽なはずの良い姿勢を取れないか・・・

  • 極端に弱い筋肉がある
  • 得意すぎる筋肉がある
  • 既に凝り固まったトリガーポイントがある
  • 間違った姿勢を記憶してしまっている(ボディマッピング)

これらの理由があると、『良い姿勢は疲れる』と言うことになります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2004-2016 からだ応援団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.