Q、O脚で悩んでいます。真っ直ぐ立っても膝と膝の間に指三本が入ります。

A、痛みが出る前に対応を。そのままだと太るかも・・・

足裏を見てください。
小指の付け根やカカトの外側がカチカチになっていませんか?

足の外側にばかり体重が掛かっているようだと、どう頑張っても膝は離れます。
膝をくっつけようとするより、足裏全体に体重が掛かるよう注意しましょう。

O脚は、病理学的には『内反膝』といいます。

O脚のモーメント

間違った体の使い方から膝関節の内側に負担が集中し関節の磨耗が起こり、変形性膝関節症へ発展していきます。膝の関節が変形しても痛みが出るとは限りませんが、周辺の筋肉に偏った負担が掛かっていることは明白。それが痛みの元となります。

O脚は脚のラインが美しくないばかりでなく、お尻まで垂れて行きます。お尻がたれると下腹も出ます。

股関節とお尻の関係

使える筋肉の種類が大幅に減るので“楽”に感じますが、偏った筋肉に負担が掛かれば当然痛みが出やすく、燃焼効率も悪くなるので太りやすくなるというわけです。

つま先を少し大げさなくらい外に向けて立って下さい。小学生の時に習ったキョーツケこそ正しい立ち方。使える筋肉の種類が一番多い立ち方です。お尻も締まるし膝の隙間も狭くなるはず。体重も足裏全体へ均等に掛かります。そのまま歩けば親指で地面を蹴れる!足裏のカチカチカサカサも同時に解消していくと思います。

あ、つま先を外に向けたら膝をしっかり伸ばして下さいね。じゃないとガニ股になっちゃいますから。

O脚解消!ここをストレッチ

90度座り

壁に沿ってなるべく隙間が開かないように90度座り。
つま先は天井へ向けカカトを押し出すようにして膝をしっかり伸ばす。膝裏と床に隙間が出来なくなればOK!

こんな運動もたまに挑戦してみよう>>>